06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
(c)
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/(または、ガンホーゲームズhttp://www.gungho.jp/)の画像(またはテキスト)を利用しております。
ro
ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
ブログランキング
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ナイスショット! | top | ロイヤルガード >>
あらすじ

これまでのあらすじ。


天津出身の青年商人『無代(むだい)』

冒険に挫折し、首都で無為な日々を送る彼を

故郷・瑞波の国の姫君

『一条静(いちじょうしずか)』が訪れる

『アタシ家出してきた! 冒険者になる!』

幼なじみで武術の達人

強気無鉄砲のお転婆姫の姿に

かつての情熱を取り戻して行く無代

だがその再会はやがて

世界を揺るがす大冒険へとつながっていく!




 ■■ルーンミッドガッツ王国首都・プロンテラで無為な日々を送る青年商人「無代(むだい)」。
 
行方不明の友人を捜すため故郷・天津を出た彼だが、半年の探索も虚しく友の行方は杳として知れず、失意の酒と女に溺れていた。
 友とは、
天津・瑞波国(みずはのくに)の守護大名・一条家の若君である「一条流(いちじょうながれ)」。
 そんな無代の元へ、流の許嫁で一条家の姫君、「一条静(いちじょうしずか)」が来襲。
 家出同然で故郷を出奔した彼女は無代を叱咤し、流を探すために自ら冒険者になると宣言、勇躍アカデミークエストに挑む。
 一方、最初は静を国へ帰そうとする無代だが、ひたむきに冒険に挑む少女の姿に触れ、かつての情熱を取り戻していく。

 名コンビ結成と冒険の開幕を描く「始まりの物語」。
 第一話「Good morning!Adventure!」


 ■■五年前。
 瑞波国の学び舎『天臨館』で学んでいた無代は、幼なじみの流の紹介で三人の姫と知り合う。
 長女で強力な武人である「一条綾(いちじょうあや)」、次女で異能の霊力と予知能力を持つ「(かおり)」、三女で抜群の運動神経と勘の持ち主である「」。
 ところが、なぜか無代に異常な執着を見せる次女の香。
 彼女の度重なるストーカー行為に困り果てる無代だが、ある日天臨館でモンスターテロが発生。香と二人、モンスターに立ち向かうことに……。

 無代と香の馴れ初め、そして現代へと続く無代の仲間達の姿を描く「始まる前の物語」。
 第二話「The Sting」

 
  ■■プロンテラで冒険の日々を送る静と無代に届く、「カプラ嬢殺害事件」の知らせ。元彼女のカプラ嬢を案じる無代だが、逆に犯人の疑いをかけられ、カプラ社に捕われて拷問を受ける羽目になってしまう。
 一方、静に続いて故郷を出奔した香だが、無代の元へ急ぐ船の中で何者かに拉致される。予想もできない肉体と魂の危機を、生まれつきの異能によって切り抜けようとする香だったが…。

 ストーリーは無代、静、香の3ルートへと分岐。それぞれに新キャラクターを加え、物語は激しさを増していく。
 第三話「mild or intense」


 ■■囚われの身の無代は、カプラ嬢のトップである「D1」とカプラ社の相談役を名乗る少年に救われる。
 一方、カプラ嬢殺害事件で騒然とするプロンテラで、静は若きロードナイト「フール」と、謎めいたプリースト「速水厚志(はやみあつし)」と知り合う。
 真夜中、不審な行動をとるフールを追跡した静は、カプラ嬢を襲う謎の集団と、フールとの戦いに巻き込まれる。ついに抜き放たれた天才少女剣士・一条静の剣が、夜の街に血風を呼ぶ!
 そして、カプラ嬢殺害事件の裏で暗躍する謎の『部隊』と、それを指揮する謎の女性「マグダレーナ」。彼女の口から語られる、行方不明の流の消息とは…。

 激しいアクションの中に、ストーリーの核心へと続く多くの謎をが提示される。
 第四話「I Bot」


 ■■危機に陥った香と、記憶喪失の少女「ハナコ」。二人を救ったのは謎の飛空船「Safety First(安全第一)号」、通称『ヤスイチ号』と、それを操る王国レジスタンスの「クローバー」。そしてその協力者である戦前種(オリジナル)「翠嶺」だった。香は翠嶺の弟子達を救うため、彼らに協力することになる。
 一方、プロンテラの王宮内では一条流が、マグダレーナ率いる謎の組織の中で、着実にその地位を固めつつあった。
 王国の暗部で蠢く秘密組織『ウロボロス』とは?
 そして一条家との浅からぬ因縁とは?

 複雑に絡む運命の輪。謎の輪郭が闇の中から浮かび上がる!
 
第五話「The Lost Songs」

 
■■王国秘密部隊『ウロボロス4』。一条流はその中で、若きチームリーダーとして確固たる地位を築きつつあった。しかし、そこにうずまく陰謀が、彼の身にも迫る。一方、ヤスイチ号ではクローバーが、かつて『ウロボロス6』として行った自らの罪を告白。香に自らの断罪を願い出ていた。香とクローバー、二人の過去が交錯する時、香の心に大きな変化が訪れる。

 うごめく陰謀の中、人の心の成長と再生を描く。
 
第六話「Flash Memory」
中の人 | 中の人 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: