06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
(c)
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/(または、ガンホーゲームズhttp://www.gungho.jp/)の画像(またはテキスト)を利用しております。
ro
ブログランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
ブログランキング
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 第三話「mild or intense」(4) | top | 第四話「I Bot」(1) >>
第三話「mild or intense」(5)
 
 『戦前種(オリジナル)』

 その言葉を聞いて、翠嶺の笑みが深くなった。
 「…そこまで知ってらっしゃるなら、もう言う事はありませんわね。…貴女からも、色々と聞かせてもらってよろしいかしら?」
 香は静かにうなずく。まだ不明な点は多いが、それを補って余りある『救世主たち』なのだ。
 断る理由はない。
 「ってことで決まりですね、お嬢さん方?」
 成り行きを見守っていたパラディンの声に、
 「ええ船長。後はお願いしますね?」
 翠嶺が応える。
 「あいよ、お任せ下せえ。とっととラボの調査して逃げちまいましょ。お空へね」
 「…空?」
 香が驚いた顔をするのが、どうも面白かったらしい。『船長』と呼ばれたパラディンがひょい、と兜を脱ぐと、にかっと香に笑いかける。
 いわゆる美男子ではないが、厳しい経験を積んだらしい頼もしさを感じさせる顔。それを何とも言えない愛嬌で包んでいる。
 「そーそー。ご案内しますぜ、このクローバーと、あっしの船がね」
 ごう!
 珊瑚礁のヤシ林の向こうで、巨大な駆動音が響いた。
 今まで何もなかったはずの空間に、湧き出るように巨大な物体が『出現』する。
 (飛行船!)
 真っ白な船体。巨大なプロペラ。
 船腹には真っ赤な文字で「Safety First(安全第一)」
 「セーフティファースト号。が、正しい名前なんすが…皆は『ヤスイチ号』としか呼ばねーんでさ」
 クローバー、と名乗ったパラディンがわはは、と笑う。
 「このクローバー船長が『発掘』した…音響・光学・魔法の三大ステルス機能を持つ永久飛行船。これも戦前種(オリジナル)ですよ? あれに乗ってしまえば安心」
 驚いて声も出ない香に、翠嶺が片目をつぶってみせる。
 「…『船長』以外は、ですけれど?」
 「そりゃひでーよ、センセ!」
 クローバーが猛抗議するが、本気で怒っていないのはわかる。
 香が逃げ出して来た、クローバー達が『ラボ』と呼ぶ建物から、担架を携えた一団が出て来る。少女を回収したのだろう。
 「では、お足元にお気をつけになって、御乗船下さいよ」
 クローバーが手真似で飛行船を呼び寄せた。
 純白の機体が、香の前にゆっくりと舞い降りる。

  夜半を過ぎても、無代は宿に帰って来なかった。
 静は、無代の人間的しぶとさを高く評価しているが、同時にその実効的な『武力』がイマイチなこともよく知っている。
 主従の『主』として、『従』の身を案じるのはおかしいのだが、やはりすぐには眠れずに窓を開け放ち、夜の街を眺めていた。
 石畳にまで魔法の灯火が仕込まれているプロンテラの街は、真夜中でも明るい。ただ、陽光が無い分だけ部屋の中は薄暗く、ベッドの側にはろうそくを灯している。
 街から放たれる膨大な光量が、暗い夜の空から星を消している。
 辛うじて見える、月の輪郭。
 その不思議な光景を瞳に映しながら、静が一人、口を開く。
 「…うき、でしょ?」
 「あああ、バレてる〜!」
 おどけた声と同時に、窓の外から逆さまに、アサシンクロス姿の女がぶら下がってきた。
 「すげー! 静ちゃんすげー! まだ一度しか会ってないよね? しかも商人の時!」
 アサシンクロス。それは『暗殺者』という職業だが、別に暗殺しかしないわけではない。
 一度も剣を鍛えた事がない『鍛冶士』、ブラックスミスがいるのと同じで、別の仕事にそのスキルを生かしているだけ、という者も多い。
 というか、そういう者の方が多いだろう。
 それにしても、暗殺者がこうにぎやかなのも珍しいと言えば珍しい。静も苦笑する。
 「わざと気配消さずに来たくせに…で、何?」
 「んんー。…無代っち、帰ってないよね?」
 帰ってる? ではない。帰っていない事をあらかじめ知っている質問。
 「うん」
 静はどきん、としたが、平静を装う。
 「…ん。帰ってないなら、無代っちから伝言。『無代が夜半過ぎても帰らない場合、無代のことは心配せずにお寝み下さい』だってさ」
 「…そう」
 「心配?」
 「ううん」
 静は首を振るが、逆さまの目にじっと見つめられる。
 「…無代っちね、カプラガードにとっ捕まってるよ。商人仲間の情報。今はカプラの事務所に監禁中。あの連中荒っぽいから…おもてなしには期待できないね」
 「…」
 静が、逆さまの目を見つめ返す。
 「…静ちゃんがそうしてほしいならさ。うきが仲間集めて、取り返してあげるよ?」
 逆さまの顔がにっ、と笑う。
 カプラ社が捕らえた人間を実力で取り返す。
 冒険者に絶大な恩恵をもたらす、大陸最大の企業に喧嘩を売るということがどういうことか、静にもわかる。
 それは冒険者という生き方を捨てることだ。
 「…ありがと。でも無代なら大丈夫」
 「…」
 「ホントだよ。無代…兄ちゃんはね、一番カッコ悪いとこからが、一番カッコいいんだ。…今、もし本当に大変でも、絶対巻き返すから」
 その言葉を紡ぎながら、同時に静の心は落ち着いた。
 自分に言い聞かせるための言葉が、彼女に思い出させた。いつだって、無代は頭をかきながら帰って来た。
 「無代の戦いはこれからだ」
 「静ちゃん静ちゃん、それ、最終回フラグだから」
 あはは、と逆さまの顔が笑う。
 「…いいなー。何か信じ合っちゃってさ。アタシも無代っちみたいな執事がほしい! くれ!」
 「駄目!」
 「駄目か!」
 わっははは、笑い声と同時にくるん、と来た時と反対に回転し、うきの身体が消える。
 「…でもどうしてもヤバかったら言うんだよー。カプラガードなんか、このうき様が蹴散らしちゃる!」
 「…ありがとう」
 やっぱり無代は凄いんだ、と改めて思う。この街に来てたった半年で、こんな味方がいるのだから。
 静の礼が聴こえたかどうか、もう辺りに気配はない。アサシンクロスが本気で気配を断てば、静とて容易には感知できない。
 それでもしばらく、目を閉じて周囲の気配に感覚を解放する。
 (…?)
 その感覚に、別な気配が引っかかった。
 ほとんどの客が寝静まった宿の中を、静かに移動する気配。そして玄関から音もなく、石畳の上に出て行く。
 (…フール?)
 フールだった。
 昼間に見た、あの鎧姿。だが、携えた武装が格段にグレードアップしている。
 (…あれって、『三大魔剣』…? 凄い物持ってるんだ…)
 フールは静の視線には気づかず、玄関から宿の横手に回ると自分のペコペコを引き出し、武装の一部をその鞍に預けるとひらり、とまたがる。
 都市の燐光の中、偽りの闇の中へその姿が消えて行く。
 (…)
 その後ろ姿を見つめる静の瞳が、普段と違う輝きを発した。
 いや本当に光を発したわけではない。しかし、その生命力にあふれた黒曜石の瞳が、まるで別次元の『何か』に一瞬、変じたことは確かだ。
 (…行かなきゃ)
 静の意識の中に、逆らえない衝動がわき上がる。
 姉の香と違って、彼女はそれを言語や数値として認識しない。
 ただあいまいなイメージや、あいまいな衝動として認識する。そしてそれを分析などしないまま、そっくり受け入れてしまう。
 寝床の脇に置いた履物を腰に結わえ付け、銀狼丸を帯び、アカデミー支給のヘルムを被ると、たたたっと短く助走して窓を飛び出す。
 三階。
 頭から落ちれば命に関わる高さ。姉の香ならば、さまざまな感覚器官からデータを集め、数値化し、自分の動きを計算した上で跳ぶだだろう。
 だが、静はそういう計算を一切しない。そのくせ、動作にまったくためらいがない。
 窓枠からとん、と上に跳んだところで、忘れ物に気づく。
 (部屋の灯り、消すの忘れた)
 くるり、と宙返りしながら襟の後ろの隠し小柄を抜き、ひょいと投擲する。
 ぴしっ、と小柄が宙を裂き、部屋のろうそくを打ち消す。
 す、窓からの灯りが消える。
 宙返りの回転がまだ残る静の身体が、一度天を仰ぐ。
 (…お月様…)
 中天に、まっ二つの月。見事なまでの半月。
 静の瞳にそれが映ると、まん丸の瞳が二分割されたようだ。
 (…奇麗…)
 静の脳裏に、イメージがわき上がる。
 (…今なら、掴めるかもしれない)
 しなやかな手を、月に向って伸ばしてみる。
 殺されたカプラ嬢。
 帰って来ない無代。
 家出した姉。
 行方知れずの義兄。
 そして、夜に溶けたフール。
 (…掴まなきゃ…)
 夜空の一番低い場所で、静は精一杯、その手を伸ばす。
中の人 | 第三話「mild or intense」 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: